iPhone5高価買取します。

iPhone5でどうかわるか

ついに首を長くしてまっていたiPhone5の全貌が明らかになりました。
今回のiPhone5とiOS 6でどのように変わるのでしょうか。

 

まず、大きく変わったところをあげると、LETによる通信速度の大幅アップ。全米の通信会社各社はLETに対応してるようです。日本の通信会社も対応するとのことですが、実際の速度がどこまででるのかは楽しみなところです。

 

次に本体サイズの変更です。
こちらも、業界を常にリードしてきたiPhoneが大きくなったと行くことのインパクトは小さくないでしょう。競合他社の機種はいずれもiPhoneより少し大きめ。今回のiPhone5も横幅はかわらなかったものの、縦に少し長くなりました。
インターネットのブラウジングや、メールの編集、またカレンダーなどで大きいことの優位性はありますが、ポケットに入れたときのサイズなどを考えると一長一短ともいえるでしょう。

 

そして一番影響与えると考えられるのが価格です。
今回の発表で私が一番衝撃をうけたのあ価格でした。iPhone5がなんと199ドル、iPhone4Sにいたっては99ドルという破格でした。
こちらもアジアを台頭とする海外メーカーに負けない非常にリーズナブルな価格設定となっています。
これをうけて競合他社も価格を下げてくることが予想されます。
これは消費者にとっては非常にうれしいことです。

 

しかし、これまでうなぎ上りに上がってきたアップルの株価はどうなることでしょうか。
今まで高収益もひとつの売りにしてきたたため、今回値下げをしたことのインパクトは気になるところです。今やアップルは歴史上世界で最も大きな企業ですし、米国だけではなく世界経済に与える影響も気にしないわけにはならないレベルです。

 

今回の新機種が世界中から大きな期待を寄せられていただけに、今回の発表が期待外れとなったのか、期待通りのしろものだったおか、明日の株価をみてみたいと思います。

 

実際の販売開始は9月19日からということなので、私も早速予約をしたいと思います。